Not a member? Register now!
Announcements
Manga returns! Catch up with the details. Enjoy downloading, translating, and scanlating manga HERE legally!
Like us on Facebook, follow us on Twitter! Celebrate another year with MH and read our yearbook.
Manga News: Check out this week's new manga (7/14/14 - 7/20/14).
Forum News: Visit new sections for Nisekoi and Kingdom!
Translations: Gintama 503 by Bomber D Rufi , Bleach 588 (2)
translation-is-ready

Zettai Karen Children 266

零點世代(4)

zh
+ posted by Spikey2713 as translation on Oct 8, 2011 18:46 | Go to Zettai Karen Children

-> RTS Page for Zettai Karen Children 266

Page 1

薫:あんたたちだけズルい―――!! (きっ)
薰:只有你們有份太狡猾了———!! (嘰嘰)

明:え、 何が?
明:呃、 什麼事?

薫:本編にゲスト出演してるじゃん!? あたしたちをさしおいて!!
薰:你們不是在本篇裡作了友情演出嗎!? 居然把我們丟在一邊!!

初音:あ、初音この人たち本家の仏間で見たことあるよ!?
初音:啊、初音曾經在本家的家族佛台上看過這些人哦!?

明:たしか――― 祖父の従兄弟かなんかだっけ?
明:我記得——— 他們是祖父時代的從兄弟吧?

芸風はほぼ同じ。
作風幾乎完全一致。

初:う、 うぐぐ……! (ブルブルブル)
初:嗚、 嗚咕咕……! (抖 抖 抖)

明夫:おあずげ!! もう少しおあずけ!! (カチカチカチ)
明夫:忍耐點!! 再繼續忍耐點!! (滴答滴答滴答)

柏木:夏に向けてジョギングでもしょうかと―――
柏木:我想趁夏季的時候去跑步運動一下———

皆本:いいですね、僕も最近なまってて―――
皆本:這主意不錯,我也覺得最近身體有點鈍了———

賢木:昼休みにでも一緒に走りますか。
賢木:那麼午休的時候一起去跑步吧。

賢木:お…? (たったったっ)
賢木:哦…? (踏 踏 踏)

賢木:ていっ!! (ゴッ)
賢木:嘿!! (轟)

皆本:むっ!
皆本:嘸!

柏木:勝負どころはここじゃないでしょう?
柏木:這樣的事根本不需要競爭的吧?

※ぜー はー ぜー はー
※呼氣

皆本:わかってるんですが……
皆本:當然本身是知道的……

賢木:男の本能なのです。
賢木:但這是男人的本能。

男の子も女の子も…!!! 大好評発売中の単行本最新26巻を、本能のままに買いに走れ!!
不管你是男子還是女子…!!!請任由自己的本能來跑步去買盛大好評中的最新單行本第26卷!!

ドラマCD『追加公演!パティの秘められた公然の情熱』つき限定版も要チェック!!
也要注意附送廣播劇光碟『追加公演!派蒂所隱藏的公然熱情』的限定版哦!!

Page 2

すばらしき哉、命を燃やす青春!!!
這還真是華麗、燃燒生命的青春!!!

★単行本最新26巻&超豪華声優陣が再集結のドラマCDつき限定版大絶賛発売中!!
★單行本最新第26卷&附送再次集結超豪華聲優陣的廣播劇光碟的限定版大熱烈發售中!!

★ドラマCD発売を記念して、clubsunday.jpにてさぷりめんとフルカラー公開中!!
★為了紀念廣播劇光碟發售,clubsunday.jp正在公開全彩色增補版!!

266th sense.ジェネレーション・ゼロ(4)
266th sense.零點世代(4)

Page 3

志賀:連帯責任で全員が謹慎…か、 厳しいねえ。
志賀:由於連帶責任,全員要謹慎…吧, 還真嚴重啊。

N県某所 蕾見男爵別邸
N縣某所 蕾見男爵別墅

Page 4

志賀:陸軍さんは僕らをつぶす機会を逃す機はないらしい。
志賀:看來陸軍他們不想錯過任何把我們擊潰的機會呢。

宇津美:まあ仕方ないでしょう。
宇津美:那也是沒辦法的事。

宇津美:本来軍というのは、 規律や統制が最優先の組織です。
宇津美:本來軍隊這種東西, 是以規律和統制為最優先事項的組織。

宇津美:個性を重んじて自由にふるまう我々を、 こころよく思うはずがありません。
宇津美:像我們這些關注個性又自由開放的人, 當然不會持有好感的。

菊池:駐屯地じゃ浮いた存在でごわしたからなー。
菊池:對軍隊駐地那幫人來說、我們是沒用的存在。

Page 5

前号まで:1937年、戦争前夜の日本。超能力を生かすため、軍隊に入った不二子と京介だが、不二子が警官と海軍士官を殴った事により軍を巻き込むトラブルが起きてしまい…?
前回提要:一九三七年,日本還沒突入戰爭狀態。為了讓超能力有效發揮作用,不二子和京介加入了軍隊。但是由於不二子捲入了毆打了警官和海軍士官的事件,結果即將引來了麻煩…?

菊池:今後はバリバリの軍人教育をされるんでこわすかねー。
菊池:看來我們以後會受到非常犀利的軍人教育吧。

菊池:(おいどんはかまわんでこわすが)
菊池:(雖然我是不在意啦)

志賀:髪を切る気はあるかい、宇津美?
志賀:宇津美、你願意被剪掉頭髮嗎?

宇津美:ないです。 (ケッ)
宇津美:才不願意。 (哼)

蕾見:そんなことにはさせんよ。
蕾見:我不會讓這種事發生的。

志賀:蕾見さん…!
志賀:蕾見先生…!

蕾見:通常の軍人と違っているからこそ、
蕾見:正因為你們和通常的軍人不一樣,

蕾見:君たちには価値があるのだ。
蕾見:才能顯出你們的價值。

蕾見:型にはめて個性を殺せば、能力も低下すると我々は考えておる。
蕾見:我們判斷如果抹殺了與眾不同的個性,能力就會下降。

志賀:それが軍に通用しますか?
志賀:軍隊會認同這個理由嗎?

蕾見:それは――― 早乙女くんしだいだろうな。
蕾見:那就要——— 看早乙女他如何的做法了。

Page 6

京介:素直にみんなに謝っちゃえば?
京介:你就坦率地跟大家道歉吧?

不二子:(ぎくっ) あっあたあくしは悪くないもん!!
不二子:(心驚) 我、我才沒有錯呢!!

京介:でもやりすぎたなーとは思って… いだだだだだっ!!
京介:但你也覺得自己搞得過火了… 好痛痛痛痛痛!!

不二子:(ぐいぐいっ) あたくしは悪くないもん――――っ!!
不二子:(扭 扭 扭) 我才沒有錯啦————!!

志賀:いいさ、 気にするな、不二子くん。 みんなもわかってる。
志賀:不要緊的,別太在意了,不二子君。 大家都明白的。

不二子:志賀さん―――!
不二子:志賀———!

Page 7

志賀:もともと軍人になりたかった者などひとりもいない。
志賀:這裡沒有一個人想去當軍人的。

志賀:ただ―― 自分たちの力を人に認められたかっただけだ。
志賀:只不過是—— 很想讓別人認可我們的力量而已。

宇津美:うん。 僕も軍人たちに髪のことで文句言われるのにはうんざりだよ。
宇津美:嗯。 我也一樣受夠了每一次都會埋怨我頭髮的軍人們。

菊池:(おいどんはどっちでも)
菊池:(我倒是沒關係)

宇津美:隊ごと処分して本部をここに移すなんて、願ったりさ。
宇津美:由於處分而導致部隊的本部轉來這裡,正合我們意。

不二子:志賀さん、宇津美くん… あたくし―――
不二子:志賀、宇津美… 我———

不二子:悪くないよね!! そーよね、謝ることなんかいっこもないもん!!!
不二子:果然沒有錯的!! 說的也是、道歉這種鬼東西才不要去做呢!!!

蕾見:なんでそんなに謝るのがイヤかな。
蕾見:為何這孩子會那麼討厭去道歉?

蕾見:とにかく今は早乙女くんに任せよう。
蕾見:總而言之現在就交給早乙女處理吧。

蕾見:状況は逐一連絡が来ることになっとるんだろう?
蕾見:反正詳細的情況會一個一個聯絡我們知道的吧?

志賀:ええ、こっそり――――
志賀:對、暗中的進行———

Page 8

志賀:それも重大な軍規違反だが…
志賀:雖然這樣子嚴重違反了軍規…

志賀:軍の施設を監視・盗聴することなど朝メシ前だと知れば―――
志賀:但如果他們知道監視和竊聽軍隊的設施對我們而言是易如反掌的事———

志賀:上層部も考えを改めるだろうなあ。
志賀:上層人士會改變想法也說不定呢。

陸軍参謀本部
陸軍參謀本部

鳥?:クックルー クルッポー…
鳥?:咕咕嚕 咕嚕波…

Page 9

鳥?:クルッポー
鳥?:咕嚕波

陸軍A:まったく君といい蕾見くんといい…!!
陸軍A:真是的,你也好蕾見君也好…!!

陸軍A:陸軍を何だとおもっとる!!
陸軍A:到底把陸軍當成什麼了!!

陸軍B:我々はサーカスではない!
陸軍B:我們這裡可不是馬戲團!

陸軍B:君の隊の化け物どもの手品や曲芸などさして役にも立たんのだ!!
陸軍B:你們這個部隊的怪物們所搞出來的魔術表演根本一點忙也幫不上!!

陸軍B:少しでもお国の役に立ちたいというなら、 (かーっ)
陸軍B:如果你們真的想為國家效勞的話, (憤怒)

陸軍A:他の兵と同じ訓練を受けさせたまえ!
陸軍A:至少都要去接受和其他士兵一樣的訓練!

早乙女:お言葉ですが、 それは才能のムダというものです。
早乙女:恕我直言, 那麼做只會浪費了才能。

早乙女:駿馬にロバの仕事は向きません。
早乙女:驢子的工作不適合讓駿馬來做的。

Page 10

陸軍B:超常能力者は駿馬で、我々はロバだと言うのかね!?
陸軍B:你想說超常能力者是駿馬,而我們是驢子嗎!?

早乙女:みなさんは彼らの能力を過小評価しておいでです。
早乙女:各位對他們的能力給予太渺小的評價了。

早乙女:確かに練度の高い兵士の集団は、超常能力者ひとりよりも役に立つでしょう。
早乙女:確實以單方面來說,訓練度高強的士兵集團比任何一位超常能力者更有用。

早乙女:ですが―――
早乙女:但是呢———

早乙女:変革は常に異質な存在の中から生まれます。
早乙女:變革經常都會在異常的存在裡誕生的。

早乙女:ドクイツ帝国はいち早くそれを見抜き、
早乙女:多意志帝國早已看穿這一點,

早乙女:戦車や航空機を作戦の中心にすえさらにその次の手として超能力に目をつけました。
早乙女:所以才會停止把戰車和航空機體作為作戰的中心,並且把注意力集中在超能力方面。

早乙女:我々も手を打っておかねば、 列強の脅威に対抗できません。
早乙女:如果我們不做些什麼的話, 是無法對抗強烈的威脅。

陸軍:そのようなことは貴様が口出しすることではない!!
陸軍:這種事輪不到從你那張嘴巴說出來!!

鳥?:クルルル――…
鳥?:咕嚕嚕路——…

Page 11

陸軍:お前らは軍人ではない!!
陸軍:你們才不是軍人!!

※キイイイン
※嘰嗡嗡

明夫:…あまりいい流れじゃありませんね。
明夫:…看來並不是很好的展開呢。

明夫:エライさんたち本気で俺たちをつぶす気です。
明夫:這幫裝偉大的傢伙們完全想要擊潰我們。

七海:そらせやろなあ。
七海:那是當然的。

七海:俺ら見たいのが軍人て、 俺かて笑うわ。 しゃーけど――――
七海:像我們這種的會是軍人, 連我都要笑了。 雖然那麼說————

Page 12

七海:これインネンみたいなもんやんけ。
七海:看來這件事算是因緣的一種吧。

七海:海軍さんの抗議なんちゅうのはウソや。
七海:說什麼海軍作出了抗議都是鬼扯。

七海:「士官が婦女子に一発でのされた」て、大声で宣伝したいわけないからな。
七海:「女孩子用一拳就打倒了士官」,這樣的事情沒理由會大聲宣傳出來的。

七海:身内にバケモンがあるのが気にくわんだけや。
七海:他們只是不喜歡自己的軍隊裡有怪物罷了。

七海:ということはや。 (ごそっ)
七海:既然如此的話。 (摸索)

七海:クビになるんやったらちょっとはスッキリさせてもらおうや。
七海:如果我們被炒魷魚,我就進行一點點報復來舒暢心情。

(にひひひっ)
(嘿嘻嘻嘻)

明夫:それは…… やりすぎでは……
明夫:那個…… 手段太過火啦……

七海:いやいやいや、火薬は減らしてるから死なへんて!
七海:不不不、我已經減少了火藥分量所以不會死人的!

七海:ウチに伝わる秘伝忍術、唐辛子爆弾!
七海:這個是代代傳承的秘傳忍術,辣椒炸彈!

七海:イタチの最後っ屁ちうやっちゃ。
七海:就當作是鼬鼠所放出來的臭氣。
注:意思是說最後的掙扎

初:(びくっ) イ、イタチの屁はヤバイ…!! (グキッ)
初:(驚) 鼬、鼬鼠的臭氣很危險…!! (喀拉)

Page 13

芥:ば、化け物には化け物の、 い、い、意地があるからな。
芥:怪、怪物也有怪物, 自、自、自己的志氣的。

芥:使うときはお、俺に任せろ…! (ヒュ パッ)
芥:要用這個的時候、就交給我吧…! (咻 啪)

陸軍:証明…だと?
陸軍:你說…要證明?

※キイイイイイ
※嘰嗡嗡

明夫:ちょい待ち!
明夫:請等一下!

早乙女:はい、 「軍人」として問題があるとしても、
早乙女:是的、 即使身為「軍人」擁有問題都好,

早乙女:「兵力」としての可能性は認めていただきたい。
早乙女:但希望你們能認可他們身為「兵力」的可能性。

早乙女:我が国の最新鋭兵器と勝負させていただけませんか。
早乙女:可否試下讓他們和我國的最新銳兵器決一勝負?

早乙女:負ければいさぎよく隊を解散させましょう。
早乙女:如果我們輸了、我會爽快地解散部隊的。

Page 14

早乙女:しかも…その相手が海軍ならいかがです?
早乙女:而且是找海軍來作我們的對手…如何?

陸軍:海軍だと―――? 君は戦艦「ヤマト」を沈めるとでも言う気かね?
陸軍:你說海軍———? 你難道想說他們能擊沉戰艦「大和」的意思嗎?

早乙女:私の入手した情報では…
早乙女:根據我所得到的情報…

早乙女:海軍は画期的高性能の次期主力戦闘機をヨシビシ重工に発注しました。
早乙女:海軍向四菱重工訂購了開拓性的高性能新時代戰鬥機。

早乙女:正式な完成は来春――
早乙女:正式的完成是下個春季——

早乙女:ところが、実はすでに試作実験機が一機、先行して組み立て作業中なのです。
早乙女:話雖如此,事實上他們已經開始了一架試驗樣機的組合作業。

早乙女:戦闘機の性能向上に役立つ上、
早乙女:除了能夠幫助提升戰鬥機的性能,

早乙女:勝てば陸軍の名誉、負ければ邪魔者が解散。
早乙女:如果贏了就是陸軍的名譽,輸了就可以把礙眼的人解散。

早乙女:誰も損をしないアイディアではありませんか?
早乙女:無論哪一方面都是對你們有好處的提議哦?

早乙女:蕾見男爵を通じてお話したところ…
早乙女:蕾見男爵之前已經進行了交談…

早乙女:陸軍航空本部長も興味をお持ちに―――
早乙女:陸軍航空本部長也對此感到興趣———

陸軍A:航空―――? 陸軍次官を兼任しておられる、中将どのか……?
陸軍A:航空———? 你是說那位兼任陸軍次長的、那位中將……?

Page 15

早乙女:噂はご存知でしょう?
早乙女:各位也知道那個謠言吧?

早乙女:「12試艦戦」 「A6M1計画」
早乙女:「12試艦戰」 「A6M1計劃」

七海:「A6M1」…?
七海:「A6M1」…?

早乙女:再来年正式採用されれば――――
早乙女:只要在後年正式採用的話————

早乙女:「零式艦上戦闘機」と呼ばれることになります。
早乙女:這個機體就會被稱為「零式艦上戰鬥機」。

Page 16

早乙女:…勝負は、 一対一の空中戦だ。 こちらも機銃を使い模擬弾で戦う。
早乙女:…勝負是、 一對一的空中戰鬥。 兩方都使用模擬子彈來進行機槍戰鬥。

宇津美:一対一の空中戦…!
宇津美:一對一的空中戰鬥…!

七海:つまり決闘やな。
七海:也就是說決鬥啊。

菊池:うお――っ! 燃える展開でごわすなあ!!
菊池:哦哦——! 這還真是熱血的展開!!

志賀:誰がそれを?
志賀:不過由誰來做?

Page 17

不二子:いきさつから言って、 あたくしがやります!
不二子:一切的起因都是我, 所以只能由我來做!

不二子:そのくらいの責任はとってみせるわ!
不二子:我會負起這個程度的責任給你看!

早乙女:戦闘機と単独で格闘戦ができるメンバーは、
早乙女:可以和戰鬥機單獨戰鬥的成員,

早乙女:芥、兵部、蕾見、 それに志賀の4名だが――
早乙女:是芥、 兵部、蕾見、 以及志賀四名——

早乙女:模擬戦スコアなら志賀、
早乙女:志賀在模擬戰得分最高,

早乙女:速度なら芥…というところだろうな。
早乙女:速度的話就是芥…一般上就是這樣。

早乙女:だが、今回は君たちは使えない。
早乙女:但是,這次不能採取你們倆。

早乙女:第一に相手が貴重な試作機だ。
早乙女:第一點,對手是貴重的試驗樣機。

早乙女:志賀のスコアは電撃あってこそだが、それでは破壊してしまいかねない。
早乙女:志賀會得到那麼多分是因為電擊能力,但這能力也將輕易地破壞掉機體。

Page 18

早乙女:第二に海軍は海上での会戦を希望してきた。
早乙女:第二點,海軍希望決鬥的場所是在海上。

早乙女:瞬間移動能力者の芥は着地する場所がないため消耗が大きすぎる。
早乙女:瞬間移動能力者的芥會因為沒有著地的地方而消耗大量的能源。

不二子:じゃあやっぱりあたくしが―――!!
不二子:那麼果然是由我來———!!

早乙女:いや、 今回の任務は―――
早乙女:不、 這次的任務———

早乙女:兵部! 君にやってもらう。
早乙女:兵部! 由你來擔任。

不二子:え…!?
不二子:誒…!?

まさかの大抜擢!!…その意図は!?
沒想到的大提拔!!…其意義是!?

第34号につづく
第267章繼續

Have you shown your appreciation today? Click the thanks button or write your appreciation below!

Comments
Add your comment:

Login or register to comment

Benefits of Registration:
    * Interact with hundreds of thousands of other Manga Fans and artists.
    * Upload your own Artwork, Scanlations, Raws and Translations.
    * Enter our unique contests in order to win prizes!
    * Gain reputation and become famous as a translator/scanlator/cleaner!
No comments have been made yet!

About the author:

Alias: Spikey2713
Message: Pm | Email

Author contributions

Translations: 97
Forum posts: 440

Quick Browse Manga

collapse

Translations of this Chapter

Date Chapter Language Translator
Jul 23, 2011 266 en js06
collapse

Latest Site Releases

Date Manga Ch Lang Uploader
Mar 1 MH Yearbook 2013 Mangahe...
Jan 19 MH Yearbook 2012 1 Mangahe...
Nov 14 Houkago 1 Osso
Nov 14 Oragamura 1 Osso
Nov 14 Kenka 1 Osso
Nov 14 101Kg 1 Osso
Nov 14 Murder 1 Osso
Nov 14 Doubles 1 Osso
Nov 14 Pinknut 1 Osso
Nov 14 Kimagure 1 Osso
collapse

Latest Translations

Date Manga Ch Lang Translator
Jul 25, 2014 Ayakashi Hisen 11 it YukinaS...
Jul 25, 2014 Ayakashi Hisen 10 it YukinaS...
Jul 25, 2014 Ayakashi Hisen 9 it YukinaS...
Jul 25, 2014 Ayakashi Hisen 8 it YukinaS...
Jul 25, 2014 Ayakashi Hisen 7 it YukinaS...
Jul 25, 2014 81 Diver 43 en kewl0210
Jul 25, 2014 81 Diver 42 en kewl0210
Jul 25, 2014 81 Diver 41 en kewl0210
Jul 25, 2014 81 Diver 40 en kewl0210
Jul 23, 2014 Gintama 503 en Bomber...